目次へ

ストレッチポールで筋膜リリース!?硬い筋肉を整えて体の不調を改善しよう!

ストレッチポールで筋膜リリース!?硬い筋肉を整えて体の不調を改善しよう!

ストレッチポールは、基本的に仰向けに乗って使用しますが、フォームローラーのように筋肉をゴリゴリほぐす(筋膜リリースを行う)道具として使用することもできます。

インストラクター

ストレッチポールがあれば、筋膜リリース用にフォームローラーを買わなくても大丈夫です!

この記事では、ストレッチポールを使って「背中・胸まわり・二の腕・おしり・股関節・太もも・ふくらはぎ」など、部位ごとに筋膜リリースを行う方法を紹介します。

効果的に筋膜リリースを行う4つのポイントについても紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ストレッチポールで筋膜リリースとは「硬くなった筋肉をほぐすこと」

ストレッチポールで筋膜リリースとは「硬くなった筋肉をほぐすこと」

(この記事で言う)ストレッチポールで筋膜リリースとは、簡単にいうとストレッチポールを使って硬くなった筋肉をゴリゴリほぐして柔らかくすることを言います。

筋肉が硬くなると、

・猫背・反り腰など姿勢が崩れる。
・カラダが動きづらくなる。
・肩こり・腰痛などカラダに痛みが出る。
・血流が悪くなりむくみやすくなる・冷えやすくなる。

などの原因になります。

例えば

胸の筋肉が硬くなると、

・巻き肩・猫背
・胸の背骨(胸椎 = きょうつい)の動きが悪くなる
・肩こり・腰痛
・呼吸が浅くなる

などの原因に。

※巻き肩とは、肩が前に出る不良姿勢のこと。

ですから、硬くなった筋肉を柔らかくすると上記のようなカラダの不調の改善・軽減・予防につながります。

補足

筋膜リリースという言葉は、専門家の間でも捉え方や考え方が違います。

  • 筋膜リリースは高度な技術が必要だからストレッチポールやフォームローラーでコロコロしても筋膜をリリースすることはできない。
  • そもそも筋膜をリリースすることはできないのでは?
  • 安易に筋膜リリースという言葉を使わない方がよい。

などなど。

とはいっても、

一般の方からするとストレッチポールやフォームローラーでコロコロすることに「意味があるのか・カラダの不調の改善や軽減につながるのか」が重要だと思います。

先程もお伝えしましたが、筋肉が硬くなると猫背・肩こりなどカラダの不調の原因になりますので、硬くなった筋肉を柔らかくするとカラダの不調の改善・軽減・予防につながります。

その手段の一つとしてストレッチポールやフォームローでコロコロするのは有効です。※効果には個人差があります。

ぜひ実践してみてください。

効果的にストレッチポールで筋膜リリースする4つのポイント

効果的にストレッチポールで筋膜リリースする4つのポイント

ここでは、効果的にストレッチポールを使って筋膜リリースする(ほぐす)4つのポイントについて紹介します。

痛気持ちいい範囲内で行う

1つ目のポイントは「痛気持ちいい範囲内で行う」です。

痛いのを我慢して「強い圧をかけて筋肉をほぐす・速いスピードでコロコロほぐす」と、その分筋肉が柔らかくなると思っている方がいますが、それでは「逆に筋肉が硬くなる・傷める・炎症が起こる・揉み返しが起こる」おそれがあります。

インストラクター

筋肉は痛いと感じるくらい刺激が加わると逆に緊張しやすくなる傾向にあります。

ですから、体重のかけ方や転がすスピードを調整して痛気持ちいい範囲内で筋膜リリースを行うようにしてください。

体重のかけ方や転がすスピードを調整する

また、コロコロ動かすと痛い方は、動かさずに乗せておくだけでも大丈夫です。習慣化することで徐々に筋肉が柔らかくなり痛みが和らいでいくはずです。※個人差があります。

それでも痛い方は「お風呂上がりなどカラダが温かい時に行う」「ストレッチポールを使わずに、まずは手でほぐすことから始める」ようにしてください。

硬い筋肉・硬い部分を優先的に行う

2つ目のポイントは「硬い筋肉・硬い部分を優先的に行う」です。

筋肉の柔軟性がアンバランスな状態が、猫背や肩こりなどカラダの不調の原因になります。

ですから「右脚と左脚・前ももと裏もも・おしりの右側と左側」など、柔軟性に左右差がある際は硬い方を優先的に筋膜リリースを行うようにしてください。

コロコロほぐすと痛い部分が硬くなっている傾向にあります。※痛い部分を痛気持ちいい範囲内でコロコロほぐす。

呼吸をゆっくり繰り返しながら行う

3つ目のポイントは「呼吸をゆっくり繰り返しながら行う」です。

呼吸をゆっくり繰り返すことで、リラックス時に働く「副交感神経 = ふくこうかんしんけい」が働きやすくなり、筋肉がほぐれやすくなる効果が期待できます。

呼吸をゆっくり繰り返しながらストレッチポールを使って筋膜リリースを行う

逆に呼吸を止めたり、浅く早い呼吸を行うと、活動時に働く「交感神経 = こうかんしんけい」が働きやすくなり、筋肉が緊張しほぐれずらくなる傾向にあります。

ですから、呼吸をゆっくり繰り返しながら筋膜リリースを行うようにしてください。

インストラクター

息を吐く時間を長くすると、副交感神経が働きやすくなります。

※副交感神経と交感神経は自律神経を構成している。

腰は行わない

4つ目のポイントは「腰は行わない」です。

その理由は、ストレッチポールで腰部分をゴリゴリ筋膜リリースを行うと、腰の骨「腰椎 = ようつい」への負担が大きくなり、腰痛の原因になるからです。

・腰椎は少し前湾している。
・腰部分は腰椎以外に骨がない。

ため負担がかかりやすくなる。

腰椎は少し前湾している

ですから、腰はストレッチポールで筋膜リリースを行わないようにしてください。

以上で「効果的にストレッチポールで筋膜リリースする4つのポイント」は終わりです。

単純なことのように感じるかもしれませんが、効果アップに大切なことですので、ぜひ取り入れてみてください。

ストレッチポールで筋膜リリースを行う方法

ストレッチポールで筋膜リリースを行う方法

それでは、ストレッチポールを使って部位ごとに筋膜リリースを行う方法を下記の順番で紹介します。

効果的にストレッチポールで筋膜リリースする4つのポイント」でお伝えしたように、筋膜リリースを行う際は「痛気持ちいい範囲内で行う」「硬い筋肉・硬い部分を優先的に行う」「呼吸をゆっくり繰り返しながら行う」ようにしてください。

また、筋膜リリース中に気分や体調が悪くなりましたらすぐに中止して下さい。

ストレッチポールで背中を筋膜リリースする方法

広背筋 = こうはいきん

ここでは、ストレッチポールを使って背中の筋肉「広背筋 = こうはいきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

広背筋が硬くなると「巻き肩・猫背・肩こり・上半身の歪み・腕が動かしにくくなる・カラダがねじりづらくなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 右側の背中を乗せて、右ひじを床についてカラダを支えて、おしりを少し浮かせて → カラダを前後に動かして、右側の背中を筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左側の背中も行う。

ストレッチポールで背中を筋膜リリースする方法

※手・ひじ・足はやりやすい位置におく。

※おしりを浮かせると痛い方は床につけて行う。

※背中の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

当サイトでは、背中を筋膜リリースする方法以外にも「緩める・伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで背中をケアする方法はこちら

ストレッチポールで胸まわりを筋膜リリースする方法

大胸筋・小胸筋

ここでは、ストレッチポールを使って胸まわりの筋肉「大胸筋 = だいきょうきん」「小胸筋 = しょうきょうきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

大胸筋や小胸筋が硬くなると「巻き肩・猫背・ストレートネック・肩こり・腕が動かしにくくなる・カラダがねじりづらくなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 右側の胸を乗せて、右腕を頭上に伸ばし手の平を床につき → カラダを前後に動かして、右側の胸を筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左側の胸も行う。

ストレッチポールで胸まわりを筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※胸の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

当サイトでは、胸を筋膜リリースする方法以外にも「緩める・伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで胸をケアする方法はこちら

ストレッチポールで二の腕を筋膜リリースする方法

上腕二頭筋・上腕三頭筋

ここでは、ストレッチポールを使って二の腕の表側の筋肉「上腕二頭筋 = じょうわんにとうきん」と、二の腕の裏側の筋肉「上腕三頭筋 = じょうわんさんとうきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

上腕二頭筋や上腕三頭筋が硬くなると「巻き肩・猫背・肩こり・腕が動かしにくくなる・腕のむくみ・冷え・しびれ」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方「上腕二頭筋」

ストレッチポールを縦向きにして → その左側でうつ伏せになり → 右腕を右に伸ばして二の腕の表側をストレッチポールに乗せて → カラダを左右に動かして、右の二の腕の表側を筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左の二の腕の表側も行う。

ストレッチポールで二の腕の表側を筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※二の腕の表側の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や左右に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に筋膜リリースを行う。

やり方「上腕三頭筋」

ストレッチポールを横向きにして → 右腕を伸ばして二の腕の裏側をストレッチポールに乗せて → カラダを前後に動かして、右の二の腕の裏側を筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左の二の腕の裏側も行う。

ストレッチポールで二の腕の裏側を筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※二の腕の裏側の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

当サイトでは、二の腕を筋膜リリースする方法以外にも「伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで二の腕をケアする方法はこちら

ストレッチポールで前腕を筋膜リリースする方法

腕撓骨筋

ここでは、ストレッチポールを使って前腕の筋肉「腕撓骨筋 = わんとうこつきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。※前腕とは手首からひじまでのことを言います。

腕撓骨筋が硬くなると「巻き肩・猫背・肩こり・ひじが動かしづらくなる・手や腕のむくみ・冷え」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 両ひざを床について、右の前腕をストレッチポールに乗せて → 右腕を前後に動かして、右の前腕を筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左の前腕も行う。

ストレッチポールで前腕を筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※前腕の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

左腕を右腕に乗せると負荷が上がる。

ストレッチポールで前腕を筋膜リリースする方法「左腕を右腕に乗せると負荷が上がる」

ストレッチポールでおしりを筋膜リリースする方法

大殿筋

ここでは、ストレッチポールを使っておしりの筋肉「大殿筋 = だいでんきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

大殿筋が硬くなると「腰痛・股関節痛・股関節の動きが悪くなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → その上に座り → 両手を後ろについて → 両ひざを右に倒し → カラダを前後に動かして、右側のおしりを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左側のおしりも行う。

ストレッチポールでおしりを筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※おしりの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

右足を左ひざに乗せて行うと負荷が上がる。

ストレッチポールでおしりを筋膜リリースする方法「右足を左ひざに乗せて行うと負荷が上がる」

当サイトでは、おしりを筋膜リリースする方法以外にも「伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールでおしりをケアする方法はこちら

ストレッチポールで股関節(脚のつけ根)を筋膜リリースする方法

腸腰筋

ここでは、ストレッチポールを使って股関節(脚のつけ根)の筋肉「腸腰筋 = ちょうようきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

腸腰筋が硬くなると「反り腰・腰痛・股関節痛・股関節の動きが悪くなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 右脚のつけ根をストレッチポールに乗せて、左ひざを曲げて → 両ひじを床についてカラダを支えて → カラダを前後に動かして、右脚のつけ根を筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左脚のつけ根も行う。

ストレッチポールで股関節(脚のつけ根)を筋膜リリースする方法

※手・ひじ・脚はやりやすい位置におく。

※脚のつけ根の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

当サイトでは、脚のつけ根を筋膜リリースする方法以外にも「緩める・伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで股関節(脚のつけ根)をケアする方法はこちら

ストレッチポールで前ももを筋膜リリースする方法

大腿四頭筋

ここでは、ストレッチポールを使って前ももの筋肉「大腿四頭筋 = だいたいしとうきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

大腿四頭筋が硬くなると「反り腰・O脚・腰痛・股関節痛・膝痛・股関節や膝の動きが悪くなる・脚のむくみ・冷え」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 前ももをストレッチポールに乗せて → 両ひじを床についてカラダを支えて → 右脚の前ももに体重をかけて → カラダを前後に動かして、右脚の前ももを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左脚の前ももも行う。

ストレッチポールで前ももを筋膜リリースする方法

※手・ひじ・足はやりやすい位置におく。

※前ももの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

足を浮かせると負荷が上がる。

ストレッチポールで前ももを筋膜リリースする方法「足を浮かせると負荷が上がる」

当サイトでは、前ももを筋膜リリースする方法以外にも「伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで前ももをケアする方法はこちら

ストレッチポールで裏ももを筋膜リリースする方法

ハムストリングス

ここでは、ストレッチポールを使って裏ももの筋肉「ハムストリングス」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

ハムストリングスが硬くなると「おしりがたるんで見える・脚が短く見える・猫背・腰痛・股関節痛・膝裏痛・股関節や膝の動きが悪くなる・脚のむくみ・冷え」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして、左端に座り → 右脚を前に伸ばして、左脚を後ろにおいて、右脚の裏ももを乗せて → 両手を床につき → カラダを前後に動かして、右脚の裏ももを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左脚の裏ももも行う。

ストレッチポールで裏ももを筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※裏ももの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

当サイトでは、裏ももを筋膜リリースする方法以外にも「伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで裏ももをケアする方法はこちら

ストレッチポールで内ももを筋膜リリースする方法

内転筋

ここでは、ストレッチポールを使って内ももの筋肉「内転筋 = ないてんきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

内転筋が硬くなると「O脚・股関節痛・膝の内側痛・股関節や膝の動きが悪くなる・脚のむくみ・冷え」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを縦向きにして → その左側でうつ伏せになり → 右ひざを曲げて、右脚の内ももをストレッチポールに乗せて → 両ひじを床について → カラダを前後に動かして、右脚の内ももを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左脚の内ももも行う。

ストレッチポールで内ももを筋膜リリースする方法

※手・ひじ・脚はやりやすい位置におく。

※内ももの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

当サイトでは、内ももを筋膜リリースする方法以外にも「伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールで内ももをケアする方法はこちら

ストレッチポールで外ももを筋膜リリースする方法

大腿筋膜張筋

ここでは、ストレッチポールを使って外ももの筋肉「大腿筋膜張筋 = だいたいきんまくちょうきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

大腿筋膜張筋が硬くなると「O脚・反り腰・腰痛・股関節痛・膝の外側痛・股関節や膝の動きが悪くなる・脚のむくみ・冷え」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 右脚の外ももをストレッチポールに乗せて → 右ひじを床についてカラダを支えて → カラダを前後に動かして、右脚の外ももを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左脚の外ももも行う。

ストレッチポールで外ももを筋膜リリースする方法

※手・ひじ・脚はやりやすい位置におく。

※外ももの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

痛くてストレッチポールで外ももをほぐせない方は、下記の記事で解決方法について紹介していますので、ぜひご覧ください。

ストレッチポールで外ももをほぐすと痛い方はこちら

ストレッチポールでふくらはぎを筋膜リリースする方法

下腿三頭筋

ここでは、ストレッチポールを使ってふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋 = かたいさんとうきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

下腿三頭筋が硬くなると「足のむくみ・冷え・膝裏痛・足首や膝の動きが悪くなる・足が疲れやすくなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 床に座り、右足のふくらはぎをストレッチポールに乗せて → 両手を後ろについて → 右足を前後に動かして、右足のふくらはぎを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左足のふくらはぎも行う。

ストレッチポールでふくらはぎを筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※ふくらはぎの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

左脚を右脚に乗せておしりを少し浮かせると負荷が上がる。

ストレッチポールでふくらはぎを筋膜リリースする方法「左脚を右脚に乗せておしりを少し浮かせると負荷が上がる」

当サイトでは、ふくらはぎを筋膜リリースする方法以外にも「伸ばす・鍛える」方法についても紹介しています。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールでふくらはぎをケアする方法はこちら

ストレッチポールですねを筋膜リリースする方法

前脛骨筋

ここでは、ストレッチポールを使ってすねの筋肉「前脛骨筋 = ぜんけいこつきん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

前脛骨筋が硬くなると「足首の動きが悪くなる・つまづきやすくなる・足が疲れやすくなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 四つん這いになり、右足のすねをストレッチポールに乗せて → 右脚を前後に動かして、右足のすねを筋膜リリースする。(15〜60秒/1〜3セット)左足のすねも行う。

ストレッチポールですねを筋膜リリースする方法

※手や脚はやりやすい位置におく。

※すねの筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

左足を右足に乗せると負荷が上がる。

ストレッチポールですねを筋膜リリースする方法「左足を右足に乗せると負荷が上がる」

ストレッチポールで足裏を筋膜リリースする方法

足底筋群

ここでは、ストレッチポールを使って足裏の筋肉「足底筋群 = そくていきんぐん」を筋膜リリースする(ほぐす)方法を紹介します。

足底筋群が硬くなると「足のむくみ・冷え・足が疲れやすくなる・膝や股関節への負担が大きくなる」などの原因になりますので、このような症状を改善・軽減・予防したい方にオススメです。
やり方

ストレッチポールを横向きにして → 右の足裏をストレッチポールに乗せて → 右脚を前後に動かして、右の足裏を筋膜リリースする。左の足裏も行う。(15〜60秒/1〜3セット

ストレッチポールで足裏を筋膜リリースする方法

※手や足はやりやすい位置におく。

※足裏の筋肉の柔軟性に左右差がある方は硬い方を優先して行う。

※体重のかけ方や前後に動かすスピードを調整して痛気持ちいいを目安に行う。

以上で「ストレッチポールで筋膜リリースを行う方法」は終わりです。

ストレッチポールで「ストレッチ」と「筋トレ」を行う方法

ストレッチポールで効果的にストレッチする方法をまとめて紹介!

この記事では、ストレッチポールを使って筋膜リリースを行う方法を紹介しましたが、当サイトでは、ストレッチポールを使って「ストレッチを行う方法」と「筋トレを行う方法」についても紹介しています。

インストラクター

ストレッチポールを使うと「ストレッチがしやすくなる・ストレッチのバリエーションが増える」「正しいフォームで筋トレがしやすくなる・負荷を上げて筋トレができる」などのメリットがあります。

興味のある方はぜひご覧ください!

ストレッチポールでストレッチを行う方法はこちら
ストレッチポールで筋トレを行う方法はこちら

まとめ

この記事では、ストレッチポールを使って「背中・胸まわり・二の腕・おしり・股関節・太もも・ふくらはぎ」など、部位ごとに筋膜リリースを行う(ほぐす)方法を紹介しました。

筋肉が硬くなることが、猫背や肩こりなどカラダの不調の原因になりますので、ストレッチポールを使って筋膜リリースを行い硬くなった筋肉が柔らかくなると、カラダの不調の改善・軽減につながります。

その際に、

痛気持ちいい範囲内で行う。
硬い筋肉・硬い部分を優先的に行う。
呼吸をゆっくり繰り返しながら行う。

と効果アップにつながりますので、ぜひ取り入れてみてください。

ストレッチポールをお持ちの方は、筋膜リリース用にフォームローラーを買わなくても行えますので、ぜひ実践してみて下さい!

この記事が役に立ったらシェア!