目次へ

お尻をテニスボールでグリグリほぐして凝りをとってスリムにしよう!

(最終更新日:

テニスボールでお尻をほぐす

この記事は「お尻の凝りが気になる方へ」テニスボールでお尻の筋肉をグリグリほぐす方法を紹介します。

オススメな方
  • ピンポイントでお尻の筋肉をほぐしたい方。
  • 長時間イスに座るとお尻が痛くなる方。
  • お尻の凝りを手でうまく揉みほぐせない方。

などなど。

自宅で簡単に行うことができますのでオススメです。ぜひご覧ください!

お尻の筋肉について

お尻の筋肉は
・大臀筋 = だいでんきん
・中殿筋 = ちゅうでんきん
・小臀筋 = しょうでんきん

の3つの筋肉で構成されています。

お尻の主な役割は上半身と下半身を安定させることで、骨盤を下と横から支えています。

そんなお尻の筋肉が硬くなると、腰に負担がかかり「腰痛」を引き起こす原因になります。また、基礎代謝が下がり太りやすい体質にもなってしまいます。ですので、そうならないためにもしっかりとケアする必要があります。

そこで、この記事ではテニスボールでお尻の筋肉をほぐす方法を紹介します。

テニスボールを使うことによって、お尻の奥になる中殿筋を簡単にほぐすことができます。テニスボールは硬さや大きさが丁度いいのでオススメです。

「中殿筋は脚を外側に開く時に最も重要となる筋肉で、実際には歩く時や走る時に、片脚立ちになる瞬間、左右に傾かないようにカラダを安定させる役割を持っています。」

お尻の筋肉をテニスボールでほぐす方法

中殿筋 = ちゅうでんきん

テニスボールでお尻の筋肉をほぐす方法を3パターン紹介します。

意識すること ・ほぐす時は呼吸を止めずに、カラダをリラックスさせる。
・手で体重を操って痛気持ちいい範囲でほぐす。
・痛気持ちいい部分を中心にお尻を全体的にほぐす。
・痛い方は動かさずに乗せておくだけでもOK。
・ほぐす時間は1箇所につき15〜30秒を目安に、気分が悪くならない程度に行う。
・お尻の右側が終わったら左側も行う。

1 片脚を伸ばして上体を起こしてほぐす

方法

1.床に座り → 左脚の膝を立て → 右脚を伸ばし → 右側のお尻の下にテニスボールをおいて → 筋肉がほぐれるように体重をかける。

お尻の筋肉がほぐれるように体重をかける

※両手を床につきカラダを支える。

2.右側のお尻の筋肉がほぐれるように前後左右に細かく動かす。

お尻の筋肉がほぐれるように前後左右に細かく動かす

3.右脚首を左脚の太ももに乗せて負荷をかけて → 右側のお尻の筋肉がほぐれるように体重をかける。

右脚首を乗せてお尻を乗せてほぐす

4.右側のお尻の筋肉がほぐれるように前後左右に細かく動かす。

右脚首を乗せて前後左右に細かく動かしてほぐす

2 片脚を伸ばし上体を寝かせてほぐす

方法

1.あお向けに寝て → 左脚を伸ばし → 右脚の膝を立てて → 右側のお尻の下にテニスボールにをおく。

右側のお尻の下にテニスボールにをおく

※両手は床につく。

2.右側のお尻の筋肉がほぐれるように右膝を「開く・閉じる」を繰り返す。

右膝を「開く・閉じる」を繰り返す

3 横向きに寝てほぐす

方法

1.右向きに寝て → 右側のお尻の下にテニスボールをおいて → 筋肉がほぐれるように体重をかける。

筋肉がほぐれるように体重をかけ

※右ひじを床にカラダを支える。

2.右側のお尻の筋肉がほぐれるように前後左右に細かく動かす。

前後左右に細かく動かす

以上で終わりです。

ほぐし終わった後に「スッキリした・軽くなった」など、感じましたらできる限り毎日続けてみてください。

テニスボールを使わずにお尻を整える方法

ここではテニスボールを使わずにお尻を整える方法を2記事紹介します。

道具を使わずにおしりの筋肉をストレッチする方法

この記事では、道具を使わずにお尻のストレッチをする方法を11個紹介しています。手軽にストレッチしたい方や、なかなか自分にあったストレッチ方法がみつからない方などにオススメです。

ストレッチポールでお尻を整えるエクササイズ

この記事は、ストレッチポールという道具を使用して、お尻のストレッチとトレーニングを行って、お尻をキレイに整えるエクササイズを紹介しています。ストレッチポールという道具が必要になりますので、このエクササイズを行うには、ストレッチポールを購入していただく必要があります。

お値段が1万円ちょっとしますので、少しお高く感じる方もいらっしゃると思いますが、様々な使い方ができて耐久性もありますのでオススメです。ストレッチポールについて詳しく紹介している記事のリンクを貼り付けておきますので、気になる方はぜひご覧ください。

ストレッチポールについて

お尻以外でテニスボールでほぐす方法

ここでは、お尻以外の部位をテニスボールでほぐす方法を3記事紹介します。

テニスボールで足裏をほぐす方法
テニスボールで膝裏とふくらはぎをほぐす方法
テニスボールで太ももをほぐす方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お尻の凝りを手で揉みほぐすのは大変ですが、テニスボールを使うと簡単にピンポイントでゴリゴリほぐすことができます。

負荷のかけ方も体重を操作するだけですので、お尻の状態に合わせて自由に調整できます。

一度行ってみて効果を実感できましたら続けてみてください!

この記事が役に立ったらシェア!