目次へ

ストレッチポールの効果について【使用歴15年・ピラティスインストラクター】

(最終更新日:

ストレッチポールの効果について!ご購入を迷っている方はぜひ!

Aさん

「ストレッチポールってホントに効果あるの?」
「よく勧められるけど何がいいのか具体的に知りたい。」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

結論から言うと、ストレッチポールは「猫背・反り腰など姿勢の改善」「肩こり・腰痛など慢性的な症状の改善」の効果が期待できます。

もちろん個人差はありますが、下記の論文でも効果について紹介されており、私も腰痛が改善しました。

また、私が担当してるレッスンでストレッチポールを使うことがあるのですが、効果を実感して自宅用に購入されるお客様が多く、そして、満足している方ばかりです。

この記事では「なぜ効果があるのか?」「上記以外の効果」「ストレッチポールのメリット・デメリット」「ストレッチポールを購入されたお客様の声」についてまとめましたので、購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

※ストレッチポールの使い方を知りたい方は下記の記事をご覧ください。「肩甲骨・股関節・背中・お尻・太もも・ふくらはぎ」など、部位ごとにストレッチポールでエクササイズする方法を詳しく紹介しています。

ストレッチポールの使い方の記事はこちら
created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

ストレッチポールを知らない方へ

ストレッチポールを知らない方へ

ストレッチポールとは「姿勢を整えて健康的なカラダを目指す」ためのエクササイズ道具です。

さまざまな会社から販売されていますが、正確に言うと株式会社LPNが販売している商品が「ストレッチポール」という商品名で、それ以外のメーカーから販売されている商品は「ストレッチポール」という商品名ではなく、それぞれ独自の商品名がつけられています。

例えば、

  • OASISが販売している商品は「リセットポール
  • GronGが販売している商品は「エクササイズポール
  • LINDSPORTSが販売している商品は「ストレッチングクッション
  • Amazon限定ブランドプリマソーレが販売している商品は「エクササイズポール

という商品名がつけられています。

リセットポール・エクササイズポール・ストレッチングクッション

また、ネット上では、本物・偽物と言われたりもしています。

本物 = 株式会社LPNが製造しているストレッチポール
偽物 = 株式会社LPN以外の商品

この記事では、株式会社LPNが製造しているストレッチポールの効果について紹介します。

created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

ストレッチポールの6つの効果

ストレッチポールの6つの効果

それでは、ストレッチポールの6つの効果について簡単に紹介します。

1「筋肉が緩みカラダが動かしやすくなる」

1つ目の効果は「筋肉が緩みカラダが動かしやすくなる」ことです。

基本的にストレッチポールは、縦向きに床において仰向けに乗って使用するのですが、

その際に「後頭部」「胸の背骨(胸椎 = きょうつい)」「骨盤(仙骨 = せんこつ)」の3点がストレッチポールに当たるように乗ると、自分の体重が負荷となりその部分が下から(ストレッチポールに)押され、自然と背中・肩・胸・骨盤まわりなどがストレッチされ筋肉が緩みやすくなります。

ストレッチポールに乗る

さらにその状態で、ゆっくり呼吸を行いながら腕や脚を動かすエクササイズを行うと、より筋肉が緩みやすくなります。

ゆっくり呼吸を行いながら腕や脚を動かすエクササイズ

そして、筋肉が緩むとカラダが動かしやすくなるのです。

人間のカラダは筋肉が伸び縮みすることで動いていますので、筋肉が硬くなるとカラダが動かしづらくなり、筋肉が緩み柔らかくなるとカラダが動かしやすくなります。

これはストレッチポールに乗るからこそ得られる効果で、床に仰向けに寝てもこのような効果は得られません。

実際に、私のレッスンを受講されるお客様はストレッチポールに仰向けに乗っただけで効果を感じられる方が多くいらっしゃいます。

2「猫背・巻き肩・反り腰など姿勢の改善予防」

2つ目の効果は「猫背・巻き肩・反り腰など姿勢の改善予防」が期待できることです。

姿勢が崩れる主な原因は、筋肉が硬くなることです。

例えば、

  • 胸や背中の筋肉が硬くなると「巻き肩や猫背
  • 骨盤まわりの筋肉が硬くなると「反り腰や猫背

の原因になります。

先程もお伝えしましたが、ストレッチポールを使用すると自分の体重が負荷となり、自然と背中・肩・胸・骨盤まわりなどがストレッチされ筋肉が緩みやすくなります。

ですから、ストレッチポールを使用すると猫背・巻き肩・反り腰など不良姿勢の改善予防が期待できます。

※ストレッチポールは「姿勢改善の効果が期待できる」と論文で紹介されています。

巻き肩・猫背・反り腰・正しい姿勢

巻き肩とは、肩が前方に出て腕が内側にねじれる不良姿勢のことを言います。

猫背とは、背中が丸まる不良姿勢のことを言います。

反り腰とは、腰の背骨が過剰に反ってしまう不良姿勢のことを言います。

3「肩こり・腰痛など慢性的な症状の改善予防」

3つ目の効果は「肩こり・腰痛など慢性的な症状の改善予防」が期待できることです。

肩こり・腰痛など慢性的な症状の原因の一つに、筋肉が硬くなり姿勢が崩れることが上げられます。

例えば、巻き肩や猫背姿勢になると、頭が前に出てしまう傾向にあり、そうなると、日常生活において首や肩への負担が大きくなり → 血流が悪くなり「肩こり」の原因になります。

特に長時間パソコン作業をされる方・スマートフォンを操作される方などは、首や肩に負担がかかりやすくなる傾向にあります。

巻き肩や猫背姿勢になると首や肩への負担が大きくなる

また、

  • 反り腰や猫背姿勢になると「腰痛・股関節痛
  • O脚やX脚になると「膝痛・股関節痛・脚の冷え性・むくみ

などの原因になります。

先程もお伝えしましたが、ストレッチポールを使用すると筋肉が緩み姿勢改善予防の効果が期待できます。

ですから、ストレッチポールを使用して姿勢が改善すると「肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛・脚の冷え性・むくみ」などの改善予防の効果が期待できます。

※ストレッチポールは「腰痛の軽減が期待できる」と論文で紹介されています。

O脚・X脚

O脚とは、左右の膝がくっつかず脚のラインがアルファベットの「O」の形をしていることを言います。

X脚とは、左右の内くるぶしがくっつかず脚のラインがアルファベットの「X」の形をしていることを言います。

4「呼吸がしやすくなる・疲労回復」

4つ目の効果は「呼吸がしやすくなる・疲労回復」が期待できることです。

呼吸が浅くなる原因は「胸まわりの筋肉が硬くなる」「姿勢が崩れる」などが上げられます。

呼吸は息を吸うと胸が広がり息を吐くと胸が縮みます。

そのため「胸まわりの筋肉が硬くなる・巻き肩や猫背など姿勢が崩れる」と胸が広がりにくくなり呼吸がしにくくなる原因になります。

硬くなると胸が広がりにくくなる

何度もお伝えしていますが、ストレッチポールを使用すると胸まわりの筋肉が緩みやすくなり姿勢改善が期待できます。

ですから、ストレッチポールを使用すると呼吸がしやすくなる効果が期待できます。

また、呼吸がしやすくなるとカラダに取り入れる酸素の量が増えますので「疲労回復・肩こり腰痛などの痛みの軽減」の効果も期待できます。※酸素は体内のエネルギーを作る役割を持っています。

注意! 呼吸が浅くなると「血流・リンパの流れが悪くなる」「脳の働きが悪くなる」「疲れやすくなる」「自律神経が乱れる」「睡眠の質がおちる」など、悪いことばかりですので注意が必要です。

5「寝付きが良くなる」

5つ目の効果は「寝付きが良くなる」が期待できることです。

何度もお伝えしていますが、ストレッチポールに仰向けに乗るとカラダがリラックスし呼吸がしやすくなります。

ですから、寝る前に使用すると「副交感神経 = ふくこうかんしんけい」が働きやすくなり、寝付きが良くなる効果が期待できます。

※「腹式呼吸 = ふくしきこきゅう」など深い呼吸を行うとより効果的です。

副交感神経とは、カラダがリラックスする時に働く神経のことで自律神経を構成しています。逆にカラダが活発な時に働く神経のことを「交感神経 = こうかんしんけい」と言います。

腹式呼吸とは、お腹を膨らませながら息を吸い → お腹をへこませながら息を吐く呼吸法のことを言います。お腹を引き締める時やカラダをリラックスさせる時などによく使われます。

6「ダイエット効果について」

結論から言うと、ストレッチポールに仰向けに乗ってエクササイズを行うだけではダイエット効果は期待できません。

というのも、当たり前の話ではあるのですが、ダイエットを行うには「1日の摂取カロリーを消費カロリーが上回る」必要があるからです。

消費カロリーが摂取カロリーを上回る

ストレッチポールに仰向けに乗ってエクササイズを行っても、脂肪が落ちるほど摂取カロリーの量を減らすことも消費カロリーの量を増やすことも難しいため、ダイエット効果は期待できないと言えます。

しかし、ストレッチポールを使って筋トレを行うことはできるため、1日の消費カロリーの量を増やすことは可能です。

ストレッチポールは仰向けに乗って使用するだけではなく、下記画像のように「筋トレの補助ツール・負荷を上げるツール」として使用することができます。

ストレッチポールで筋トレ

※ストレッチポールを使うと筋トレの負荷の調整の幅が広がりますので、道具を使わないで行うよりも効果的です。

下記の記事で、ストレッチポールで筋トレする方法・ダイエットする方法について詳しく紹介していますので、ダイエット目的の方はぜひご覧ください。

以上で「ストレッチポールの効果」は終わりです。

ストレッチポールを使うと、自宅で一人で簡単にエクササイズが行えますので、これから健康のために何か始めようとしている方にとてもオススメな道具です。

個人差はありますが、ストレッチポールに仰向けに乗ってユラユラ揺れるだけで効果を実感される方も少なくありません。

姿勢の崩れは放おっておいても改善することはなくどんどん酷くなり、そうなると「肩こり・腰痛・冷え性・むくみ・呼吸が浅くなる・睡眠の質が下がる」などの原因になります。

ですから、この機会にストレッチポールを使う習慣をつけて、健康なカラダを目指していただければと思います。

created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

ストレッチポールを使う6つのメリット

ストレッチポールを使う6つのメリット

ここでは、ストレッチポールを使う6つのメリットについて紹介します。

1「簡単にカラダのケアが行える」

1つ目のメリットは「簡単にカラダのケアが行える」ことです。

ストレッチポールのエクササイズ内容はとてもシンプルで簡単に自宅で一人で行うことができます。

特にストレッチポールの基本エクササイズである「ベーシックセブン」は誰もが一人で行えることを前提とした内容になっています。

下記画像のようにストレッチポールに仰向けに乗ってカラダを左右に揺らしたり、腕を床につけて回したり、膝の曲げ伸ばしをしたり、とてもシンプルで簡単な内容になっています。

ベーシックセブン

当サイトでは、ストレッチポールの使い方を「ベージックセブン」をはじめ「首・背中・肩甲骨・胸・お腹・股関節・お尻・太もも・ふくらはぎ・すね」など、部位ごとに詳しく紹介していますので、どのような使い方ができるのか知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ストレッチポールの使い方はこちら
オススメな方

・どの筋肉をストレッチしていいか分からない方。
・硬い筋肉が多すぎてストレッチに時間がかかる方。
・ストレッチをなかなか習慣化できない方。

などなど。

2「短時間で行える」

2つ目のメリットは「短時間で行える」ことです。

ストレッチポールに仰向けに乗って使用する際の、1回の使用時間は「10〜15分」程度と推奨されています。

というのも、ストレッチポールに仰向けに乗る時間が長すぎると「関節が緩みすぎる」など、逆にカラダを傷めてしまうおそれがあるからです。

ですから、ストレッチポールは時間をかけることなくエクササイズを行うことができます。※1日に何回かに分けて行うのはOKです。

オススメな方

・忙しくてストレッチやエクササイズを行う時間がなかなかとれない方。
・硬い筋肉が多すぎてストレッチに時間がかかる方。
・ストレッチをなかなか習慣化できない方。

などなど。

3「即時性がある」

3つ目のメリットは「即時性がある」ことです。

個人差はありますが、ストレッチポールに仰向けに乗ると自分の体重が負荷となり、自然と肩・胸・骨盤まわりなどがストレッチされ筋肉が緩みやすくなります。

ですから、仰向けに乗る習慣をつけるだけでも効果を感じられると思います。

実際に私のパーソナルレッスンを受講されているお客様もストレッチポールに仰向けに乗るだけで、効果を感じられる方は多くいらっしゃいます。

また、下記の論文でもストレッチポールエクササイズによる即時効果について紹介されています。

ストレッチポールエクササイズによる即時効果について

オススメな方

・道具を使わないで行うストレッチを習慣化しているのに、なかなか思うように効果があらわれない方。
・カラダが疲れた時に手軽にカラダをリフレッシュしたい方。

などなど。

4「耐久性がある」

4つ目のメリットは「耐久性がある」ことです。

実際に私は、LPNのストレッチポールを15年ほど使用していますが今でも問題なく使用できています。

もちろん使用頻度や使い方・保管の仕方などによるとは思いますが、LPNのストレッチポールは素材にこだわっていますので、長く使用でできているのだと思います。

LPNの素材のこだわりについては「類似品と比べると値段が高く感じる」の項目で紹介していますので、気になる方はそちらをご覧ください。(下へ移動します。)

5「エクササイズ効果のアップ」

5つ目のメリットは「エクササイズ効果のアップ」につながることです。

効果的に筋肉の柔軟性をアップさせるにはカラダをリラックスさせた状態でエクササイズを行うことが大切になります。

何度もお伝えしますが、ストレッチポールに仰向けで乗ると自然と肩・胸・骨盤まわりなどがストレッチされ筋肉が緩みやすくなり、そして、呼吸がしやすくなります。

そうなると、深い呼吸が行えるようになりますので「副交感神経 = ふくこうかんしんけい」が働きやすくなり、カラダがリラックスしやすい状態になります。

そして、この状態で下記画像のようなエクササイズやストレッチを行うと筋肉が緩みやすく・伸びやすくなります。

ストレッチポールでエクササイズ・ストレッチ
オススメな方

・エクササイズやストレッチを行う際に無意識に力が入ってしまう方。
・カラダがリラックスしている感覚が分からない方。
・道具を使わないで行うストレッチを習慣化しているのに、なかなか思うように効果があらわれない方。

などなど。

6「仰向けで乗る以外に4つの使い方ができる」

6つ目のメリットは「仰向けで乗る以外に4つの使い方ができる」ことです。

ストレッチポールは、基本的に仰向けに乗って使用するエクササイズ道具ですが、それ以外に大きく4つの使い方ができます。

それぞれ簡単に説明します。

1「コロコロ転がして筋肉をほぐすツールとして使う」

1つ目は「コロコロ転がして筋肉をほぐすツール」として使う方法です。

例えば、ふくらはぎの筋肉の張りが気になる際に、ストレッチポールにふくらはぎを乗せてコロコロ転がすと簡単に筋肉をほぐすことができます。

トレッチポールにふくらはぎコロコロ転がしてほぐす

ふくらはぎ以外にも「前もも・裏もも・すね」など、さまざまな部位をコロコロほぐすことができます。

ストレッチポールで前もも・裏もも・すねをコロコロほぐす
オススメな方

・筋肉が凝り固まっている方。
・筋肉が硬くて思うようにストレッチができない方。

などなど。

2「トレーニングの補助ツールとして使う」

2つ目は「トレーニングの補助ツール」として使う方法です。

例えば、スクワットをする際に、ストレッチポールを垂直に立てて両手をおいて行うと、正しいフォームでスクワットがしやすくなります。

ストレッチポールでスクワット

他にも「スプリットスクワット・ニーエクステンション・カーフレイズ」など、さまざまな種目で補助ツールとして使うことができます。

ストレッチポールでスプリットスクワット・ニーエクステンション・カーフレイズ
オススメな方

・筋力が低下している方。
・筋トレ初心者の方。
・ご高齢の方。
・正しいフォームで筋トレが行えない方。

などなど。(※効果をしっかり得るには正しいフォームで筋トレを行うことが大切です。)

3「トレーニングの負荷を上げるツールとして使う」

3つ目は「トレーニングの負荷を上げるツール」として使う方法です。

例えば、お尻のトレーニング「ヒップリフト」を行う際に、ストレッチポールに足裏を乗せると「足元が不安定になる」ため、普段より負荷を上げることができます。

ストレッチポールでヒップリフト

他にも、ストレッチポールに足首を乗せて体幹トレーニング「プランク」や、仰向けに乗って腹筋トレーニング「クランチ」などを行うこともできます。

ストレッチポールでプランク・クランチ

また、胸筋を鍛える「ダンベルプレス」を行う際に、ストレッチポールに仰向けに乗ると「腕を動かせる範囲が広くなる」ため、普段より負荷を上げることができます。

ストレッチポールでダンベルプレス

他にも、胸筋を鍛える「ダンベルフライ」や、二の腕を鍛える「スカルクラッシャー」などを行うこともできます。

ストレッチポールでダンベルフライ・スカルクラッシャー

なお、下記画像のようにストレッチポールの転がりを利用して行うトレーニングもあります。

ストレッチポールを使うからこそできるトレーニング
オススメな方

・負荷を上げて筋トレを行いたい方。
・ストレッチポールならではの筋トレを行いたい方。

などなど。

4「ストレッチのバリエーションを増やすツールとして使う」

4つ目は「ストレッチのバリエーションを増やすツール」として使う方法です。

例えば、下記画像は裏ももの筋肉をストレッチする種目なのですが、ストレッチポールに足首を乗せて行うことで筋肉が伸びやすくなります。

ストレッチポールで裏もものストレッチ

また、下記画像はお尻の筋肉をストレッチする種目なのですが、膝から下をストレッチポールに乗せて行うことで筋肉が伸びやすくなります。

ストレッチポールでお尻のストレッチ

他にも「前もも・内もも・背中」など、ストレッチポールを使うことでストレッチのバリエーションを増やすことができます。

ストレッチポールで内もも・おしり・背中のストレッチ
オススメな方

・なかなか気持ちよくストレッチができない方。
・ストレッチのバリエーションを増やしたい方。

などなど。(※ストレッチのバリエーションが多いと自分に最適なストレッチを選べるようになりますので効果的です。)

ここで紹介したのはほんの一部です。他にも様々な使い方ができます。

下記の記事でストレッチポールの使い方を「肩甲骨・股関節・背中・お尻・太もも・ふくらはぎ」など部位ごとに詳しくまとめていますので、ストレッチポールの使い方を詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

ストレッチポールの使い方まとめ

以上で「ストレッチポールを使うメリット」は終わりです。

created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

ストレッチポールの5つのデメリット・注意点

ストレッチポールの5つのデメリット・注意点

ここでは、ストレッチポールのデメリット・注意点を5つ紹介します。

1「仰向けで乗りすぎるとカラダを傷めるおそれがある」

1つ目のデメリットは「仰向けで乗りすぎるとカラダを傷めるおそれがある」ことです。

ストレッチポールに仰向けに乗ることが習慣になると、1日に1回は乗らないと「カラダがリセットされない・落ち着かない」など感じる方がいるくらいとても便利な道具ではありますが、仰向けで乗りすぎると「関節が緩みすぎる・カラダを傷める・気分が悪くなる」ケースがあります。

これは、まれなケースではありますが、急いで姿勢や症状を改善したいがために乗りすぎないようにしてください。

インストラクター

仰向けに乗って使用する際は「1回につき10〜15分程度」が推奨されています。1日に何回かに分けて使用するのは問題ないです。

2「髪が長い方はストレッチポールに絡まる」

2つ目のデメリットは「髪が長い方はストレッチポールに絡まる」ことです。

下記画像のように、ストレッチポールに仰向けに乗った時に髪が床についてしまうと種目によっては、ストレッチポールに髪が絡まり引っ張られてしまうケースがあります。。

ストレッチポールに仰向けに乗った時に髪が床につく

ただ、これは下記画像のように髪を結ぶことで解決できますので、髪が床についてしまう方は髪を結んで行うことをオススメします。

ストレッチポールに仰向けに乗る時は髪を結んで行う

3「類似品と比べると値段が高く感じる」

3つ目のデメリットは「類似品と比べると値段が高く感じる」ことです。

類似品とは?

株式会社LPN以外から販売されているストレッチポールのことです。

・OASIS
・GronG
・LINDSPORTS
・プリマソーレ

から販売されているストレッチポールは類似品です。

※正確に言うと類似品はストレッチポールという商品名ではありませんが、一括にストレッチポールと言われています。

リセットポール・エクササイズポール・ストレッチングクッション

ストレッチポールと類似品の値段の比較は下記のとおりです。

商品名値段
LPN ストレッチポール9,350円
OASIS リセットポール5,498円
GronG エクササイズポール3,480円
LINDSPORTS ストレッチングクッション4,480円
プリマソーレ エクササイズポール3,687円

類似品と比較すると倍近く値段が違いますので、LPNのストレッチポールが高く感じると思います。

しかし、値段が高いのには理由があり、それは「素材」にこだわっているからです。

素材のこだわり(公式サイトより抜粋)

ストレッチポールは、芯が硬すぎず軟らかすぎず「適度な硬さ」にこだわって作られています。

適度な硬さとは?
ストレッチポールに仰向けで寝た時に「カラダがわずかに沈み込み、背骨に対して適度に反発する」ことです。そうなることで「カラダが安定し、手足が脱力し、リラックス」できるようになります。

芯が硬すぎると?
カラダが沈み込まないため、やや安定感に欠けます。そのため安定感を求め無意識に手足で踏ん張ってしまい力みが生じます。そうなると、手足が脱力せずにカラダをリラックスさせることが難しくなります。また、背骨への圧が強くなるため痛みが生じやすくなります。

逆に芯が軟らかすぎると?
カラダが沈みすぎてしまうため、芯が変形してしまいます。

芯の素材はEPEを使用
日本では唯一の技術を駆使し、気温・湿度・材料の含有量・加工時間などにこだわり、一本のストレッチポールを作るために徹底した品質管理を行っています。そして、そのこだわりがストレッチポールに乗った時に、適度な硬さと適度な反発力をカラダで感じることができ効果を最大限に発揮してくれます。

EPE素材とは?
発泡ポリエチレンのことで強度があり、耐荷重性に優れた素材のことです。

上記のように、ストレッチポールは素材にこだわって作られているため、類似品と比べると値段が高くなります。(※各商品のサイトを見ていただければ分かると思いますが、素材について詳しく載せているのはLPNのストレッチポールだけです。)

たかが素材と思われる方がいるかも知れませんが、素材はすごく重要なポイントです!

素材が重要な理由
  • 素材によってポールの硬さが決まる。
  • ポールの硬さによってカラダがリラックスできるかが決まる。
  • カラダがリラックスできるかによって効果が決まる。

個人差はありますが、素材によって効果が変わります。

必ずしも、素材にこだわっているLPNのストレッチポールがあなたに一番合っているとはかぎりませんが、素材にこだわっている分、幅広い方に受け入れやすいと言えます。

実際に上記で紹介した類似品を購入し乗り比べてみましたが、LPNのストレッチポールが一番乗り心地が良いと感じまいた。

また、私のパーソナルレッスンを受講されるお客様にも乗り比べてもらいましたが、LPNのストレッチポールが良いという意見がほとんどでした。

なお、楽天やアマゾンの口コミでも「類似品ではなくストレッチポールを買って良かった」というような意見が多いです。

ですから、私は値段が高くてもLPNのストレッチポールを購入することをオススメします。

created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

4「カバーが伸びる」

4つ目のデメリットは「カバーが伸びる」ことです。

少数ではありますが、私のレッスンを受講されるお客様で、カバーが伸びるという意見があります。

多少カバーが伸びるくらいは、問題なく使用できると思いますが、伸びすぎると転がりづらくなるなど使用しづらくなるそうです。

とはいっても、5年以上使用されている方の意見ですので、すぐに伸びてしまうことはないと思います。

インストラクター

私は15年ほど使用していますが、カバーは伸びていません。

※一度、伸びてしまうと元に戻すことは難しく、カバーの別売りはしていませんので、再度購入することになります。

5「合わない方もいる」

5つ目のデメリットは「合わない方もいる」ことです。

稀ではありますが、ストレッチポールに仰向けに乗った時に「痛い・硬い」と感じる方もいらっしゃいます。

インストラクター

上記で説明した通り、素材にこだわっているLPNのストレッチポールではありますが、必ずしも全ての方に合うわけではありません。

痛いと感じる方は「負荷がかかりすぎている・素材が硬い」などが考えられますので「ストレッチポール MX」が合っているかもしれません。

ストレッチポール MXとは?

一般的なストレッチポールに仰向けに乗った時に痛い・硬いと感じる方やバランスが取りづらい方などにオススメの商品のことです。

・一般的なストレッチポールより細めに作られている。
・素材の外側に柔らかめのウレタンが巻かれている。

などの特徴があります。

ですから、一般的なストレッチポールに仰向けに乗った時に痛い・硬いと感じる方は、ストレッチポール MXがオススメです。※一般的なストレッチポールのことを「ストレッチポール EX」と言います。

ストレッチポールEX・MX
インストラクター

私のパーソナルレッスンでは、一般的なストレッチポールに仰向けに乗った時に痛い・硬いと感じるお客様には、MXを使用してレッスンを行っています。そして、自宅用にMXを購入されています。

以上で「ストレッチポールのデメリット・注意点」は終わりです。

created by Rinker
LPN
¥9,900 (2021/09/18 00:49:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

ストレッチポールを購入されたお客様の声

ストレッチポールを購入されたお客様の声

ここでは、私のレッスンを受講されるお客様の中でストレッチポールをお持ちの方に、

・使い始めて得られた効果
・購入して満足しているか?
・不満な点

などについてアンケートをとりましたので、一部ではありますが紹介させていただきます。※画像をタップ(クリック)すると拡大します。

ストレッチポールのお客様の声(R)
ストレッチポールのお客様の声(W)
ストレッチポールのお客様の声(M.D)
ストレッチポールのお客様の声(T)
ストレッチポールのお客様の声(O)
ストレッチポールのお客様の声(K)
ストレッチポールのお客様の声(S.T)
ストレッチポールのお客様の声(K.O)
ストレッチポールのお客様の声(H.N)
ストレッチポールのお客様の声(A)
ストレッチポールのお客様の声(K.N)
ストレッチポールのお客様の声(M.H)

アンケートのまとめ

▼ 使い始めて得られた効果

・肩こりが楽になった・軽減された。
・猫背が改善された。
・カラダが動かしやすくなった。
・腰痛や股関節痛に効果があった。
・使い始めてすぐに姿勢が良くなった。
・カラダが軽くなる。
・呼吸が楽にる。
・寝付きが良くなる。
・深く睡眠できる。
・寝る前に1日の疲れをとるためにほぼ毎日使っている。
・仕事でパソコンを使うのでカラダが疲れた時に使っている。

などなど。

▼ 不満な点

・値段が高い。
・カバーが伸びる。
・買う前は値段が高いと思ったけど、5年以上使っているから今は高いとは思わない。

などなど。

created by Rinker
LPN
¥9,350 (2021/09/18 15:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

少しでも値段をおさえたい方へオススメの類似品

少しでも値段をおさえたい方へオススメの類似品

私は、LPNのストレッチポールをオススメしますが、それでも値段をおさえたい方は下記の4つの類似品がオススメです。

  • OASIS「リセットポール
  • GronG「エクササイズポール
  • LINDSPORTS「ストレッチングクッション
  • Amazon限定ブランドプリマソーレ「エクササイズポール

OASIS・GronG・LINDSPORTSをオススメする理由は、ストレッチポール以外にもざまざまなエクササイズ道具やスポーツ用品を販売しているおり、有名なメーカーだからです。

LPNのストレッチポールと比較すると、GronG・LINDSPORTSは少し柔らめに作られており、OASISが一番似ていると感じました。

Amazon限定ブランドプリマソーレをオススメする理由は、Amazonでフォームローラーの売れ筋ランキングで上位に入っていたからです。

LPNのストレッチポールと比較すると、硬めに作られています。

また、4つの商品ともカバーがついていますので、汗や汚れがついた時に手入れがしやすいです。

それぞれのリンク先を載せておきますので、少しでも値段をおさえたい方はぜひご覧ください。

リセットポール
GronG ストレッチ用ポール
LINDSPORTS ストレッチングクッション
プリマソーレ エクササイズポール

まとめ

この記事では、ストレッチポールの効果やメリット、デメリットについて解説しました。

私はピラティスのインストラクターとして、スポーツクラブでグループレッスンやパーソナルトレーニングを受け持っていますが、レッスンでストレッチポールを使います。そして、殆どのクライアントさんがストレッチポールの効果を実感し、自宅で使うために購入されます。

・カラダの歪み・姿勢の乱れ・肩こり腰痛など慢性的な症状で悩んでいる。
・腕が動かしづらい・カラダが重い・よくつまづく。
・運動を始めたいけど何から始めていいか分からない。

このような方は、ストレッチポールを購入し健康なカラダを目指していただければと思います。

この記事が役に立ったらシェア!