目次へ

テニスボールで首凝りを解消しよう!簡単マッサージを紹介!

テニスボールで首凝りを解消

この記事では、テニスボールを使って「首凝り」を解消させるマッサージ方法を紹介します。

オススメな方
  • マッサージ感覚で首の凝りをほぐしたい方。
  • 専用の道具を使わずに手軽に首をマッサージしたい方。
  • 一人で効果的に首をマッサージする方法を探している方。

などなど。

テニスボールを使うことで簡単に首をマッサージすることができます。

ぜひご覧ください!

テニスボールを使って首をマッサージするメリット

ここではテニスボールを使って首をマッサージするメリットをお伝えします。

首のマッサージ方法だけを知りたい方は飛ばしてください。

テニスボールを使って首をマッサージするメリットは「一人で手を使わずにカラダがリラックスした状態で首をマッサージすることができる」ことです。

ストレッチやマッサージを効果的に行うには、カラダをリラックスさせることが大切です。カラダが緊張した状態でストレッチやマッサージを行っても筋肉がほぐれにくいため、なかなか思うような効果が得られません。

道具を使わずに、一人で指を使って首をマッサージすると、どうしても腕や肩に力が入ってしまい、なかなかカラダをリラックスさせることができずに、効果が半減してしまいます。

効果が半減

ですが、テニスボールを使うと簡単にカラダをリラックスさせた状態で首をマッサージさせることができます。

その方法はこちら

仰向けに寝て後頭部の下にテニスボールを置いて、後頭部に圧がかかるように体重を下にかける、たったこれだけで簡単に首をマッサージすることができます。

簡単に首をマッサージ

※薄めの本を置くとテニスボールを固定できます。

体重のかけ具合によって後頭部にかかる圧も簡単に調整できますので、ご自身のちょうどよい感じでマッサージをすることができます。

圧を簡単に調整して首をマッサージ

このようにテニスボールを使うことで簡単にカラダがリラックスした状態で首をマッサージすることができます。

また、テニスボールは「専用のマッサージやストレッチの道具」と比べると安い価格で購入することができますので、手軽に始めることができます。

そして、首以外にも「足裏・すね・ふくらはぎ・太もも・肩甲骨」などのマッサージを行うこともできます。

下記のページで、部位ごとにテニスボールを使ってマッサージする方法を詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

テニスボールを使ってマッサージする方法まとめ

テニスボールを使って首をマッサージする方法

ここでは、テニスボールを2つ使って首をマッサージする方法を紹介します。

テニスボールを2つ引っ付けてマッサージを行いますので「テーピング・ガムテープ・サランラップ」などを使って、テニスボール2つを引っ付けてください。靴下の中に入れて固定して大大丈夫です。

テーピング・サランラップ・靴下
注意事項 首は非常にデリケートな部分ですので、マッサージ中に「めまい・吐き気・頭痛」など、体調や気分が悪くなりましたら、すぐに中止してください。また、マッサージ後に首の状態がひどくなった方は、以後控えるようにしてください。

テニスボールを持って首に押し当てるマッサージ

やり方

2つ引っ付けたテニスボールを持って → 後頭部の下あたりに押し当てて → 後頭部まわりの筋肉に圧がかかるようにゆっくり上を向く。この状態で約15〜30秒キープします。これを1〜3セット行う。

後頭部に圧がかかるように上を向く

※呼吸を止めないようにしてください。

※できる限り力を抜いてカラダをリラックスさせてください。

※痛気持ちいい範囲内で行ってください。(テニスボールの押しあて方を強めたり弱めたりして圧を調整してください)

※痛い方はすぐに中止してください。

※秒数やセット数は目安ですので、ご自身の首の状態やカラダの調子などに合わせて調整してください。

テニスボールに首を乗せるマッサージ

用意するもの:薄めの本
やり方

1.床やマットの上で仰向けになり → 後頭部の下に2つ引っ付けたテニスボールを置く。

テニスボールに首を乗せるマッサージ

2.テニスボールが動かないように本を首の下に置いて → 後頭部まわりの筋肉に圧がかかるように体重を下にかける。この状態で約15〜30秒キープします。これを1〜3セット行う。

後頭部に圧がかかるように体重を下にかける

※呼吸を止めないようにしてください。

※できる限り力を抜いてカラダをリラックスさせてください。

※痛気持ちいい範囲内で行ってください。(体重のかけ具合によって圧を調整する)

※痛い方はすぐに中止してください。

※秒数やセット数は目安ですので、ご自身の首の状態やカラダの調子などに合わせて調整してください。

※テニスボールがずれない方は本を置かなくても大丈夫です。

※ベットやマットレスなど柔らかい場所ではなく、床やマットなどある程度硬い場所で行うとマッサージしやすくなります。

以上で終わりです。

マッサージの秒数やセット数は目安ですのでご自身の体調などに合わせて調整してください。

テニスボール以外で首こりを改善させる方法

ここでは、テニスボールを使わずに首こりを改善させる方法を紹介します。

首をストレッチする

首こりの原因の1つとして首の筋肉「胸鎖乳突筋 = きょうさにゅうとつきん」が凝り固まっていることが考えられます。

特に「デスクワークで長時間パソコン作業をする方」や「長時間スマートフォンを操作する方」「長時間うつ伏せで本を読む方」など、首に負担のかかる姿勢を長時間とっている方は、首の筋肉が凝り固まっていることが原因で首こりを引き起こしていることが考えられます。

そのような方は、定期的に首のストレッチを行うことをオススメします。その方法を下記の記事で詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

首のストレッチ方法はこちら

ストレッチポールで首をストレッチする

ストレッチポールという道具をご存知でしょうか?

ストレッチポールは、ストレッチ効果を上げてくれる便利な道具で、誰でも簡単に使うことができます。ストレッチポールを使うことで、効果的に首のストレッチを行えますのでオススメです。

その方法を下記の記事で詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

ストレッチポールで首をストレッチ方法はこちら

ストレッチポールのことをご存じない方は下記の記事をご覧ください。ストレッチポールについて詳しく紹介しています。

ストレッチポールについて知りたい方はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自宅で一人で首のマッサージをした方はテニスボールがオススメです。価格が安いため手軽に始められます。

マッサージ方法も簡単ですので、ぜひ実践してみてください!

この記事が役に立ったらシェア!