膝裏のリンパの流れを改善させよう!テニスボールで簡単マッサージ

(最終更新日:

膝裏をテニスボールでマッサージ

本記事は、テニスボールを使って膝裏とふくらはぎの筋肉をほぐして、膝裏のリンパの流れを改善させるマッサージを紹介します。

オススメな方
  • デスクワークなどで脚がむくみやすい。
  • テニスボールを使って膝裏のリンパの流れを良くしたい。
  • ふくらはぎの筋肉が硬い。

などなど。

既にご存知だと思いますが、膝裏のリンパの流れを改善させるためには、膝裏とふくらはぎの筋肉をほぐすことが重要になります。テニスボールを使うと、それが簡単に行うことができます。※個人差があります。

膝裏のリンパの流れが悪くなる原因についても簡潔に説明していますので、それを理解した上でマッサージを行うとより効果が期待できると思います。

ぜひご覧ください!

リンパとは?

マッサージの紹介に入る前に、リンパについて簡潔にご説明します。既にご存じの方は飛ばしてください。

リンパとは「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」をまとめた言葉です。

リンパ管とは
血管と同じようにカラダ全体を通っている管のことをいいます。

リンパ液とは
リンパ管を流れている液体のことをいいます。

リンパ節とは
リンパ液に含まれるカラダに悪影響を与える異物などをろ過して、キレイにする役割を持っています。体内に約600個あると言われており「首・脇の下・脚の付け根・ひざ裏・腹部の臓器」あたりに多く存在しています。健康を保つ上でとても重要な役割を担っています。

リンパの役割

リンパの主な役割は
・カラダの隅々に栄養素や酸素を届ける。
・老廃物や余分な水分を回収する。
・有害な異物・細菌(ウィルスなど)を除去する

などです。

そんなリンパの流れが悪くなると、カラダの隅々まで栄養素や酸素を届けることができなくなり、カラダに老廃物や有害な異物などが体内に蓄積され「冷え性・むくみ」などを引き起こす原因となってしまいます。

さらには「免疫力の低下」に繋がり、様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

膝裏のリンパについて

膝裏は、リンパの流れが悪くなりやすい部位になります。その原因を3つ簡潔にお伝えします。

原因1 重力に逆らって流れているため
リンパはカラダの末端から鎖骨に向かって流れています。ですので膝裏のリンパは重力に逆らって流れていることになります。ですので、元々リンパの流れが悪くなりやすい部位になります。

原因2 リンパ節を圧迫しやすいため
リンパ節を圧迫してしまうとリンパの流れが悪くなってしまいます。膝裏はリンパ節が多く存在しています。ですのでデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると膝裏が圧迫されて、リンパの流れが悪くなってしまいます。

原因3 筋肉が硬くなってしまう
リンパは主に筋肉の動きによって流れています。ですので、運動不足などで筋力が低下し筋肉が硬くなってしまうと、筋肉を動かすことができなくなってしまい、リンパの流れが悪くなってしまいます。

これが膝裏のリンパの流れが悪くなってしまう主な原因です。ですので、膝裏やふくらはぎの筋肉をほぐすと、リンパの流れを改善させることができます。

テニスボールで膝裏のリンパの流れを改善させるマッサージ3選

テニスボールを使って膝裏のリンパの流れを改善させるマッサージを3つ紹介します。

道具を使わずにふくらはぎをストレッチする方法も、別の記事で紹介していますので、そちらもぜひご覧ください!

道具を使わずにふくらはぎのストレッチする方法

脚を伸ばして前後に転がすマッサージ

やり方

1.右脚を伸ばして → ふくらはぎをテニスボールの上に乗せて → ふくらはぎがほぐれるように前後に動かす。

前後に動かす

2.カラダを少し浮かせて → ふくらはぎがほぐれるように前後に動かす。

カラダを少し浮かせる

3.左脚を右脚の上に乗せて負荷をかけた状態で → ふくらはぎがほぐれるように前後に動かす。

左脚を右脚の上に乗せる

4.左脚を右脚の上に乗せた状態でカラダを少し浮かせて → ふくらはぎがほぐれるように前後に動かす。

左脚を右脚の上に乗せる

ふくらはぎが痛くて前後に動かせない方はテニスボールの上に乗せておくだけでも大丈夫です。

テニスボールの上に乗せる
痛気持ちいい部分を重点的にほぐしてください。

仰向けになり膝裏で挟むすマッサージ

やり方

1.仰向けになり → 左脚を伸ばして → 右脚の膝裏でテニスボールを挟む。

テニスボールを挟む

※膝裏でテニスボールをしっかりと挟む。

※ふくらはぎをマッサージする時はテニスボールの位置を下にずらして挟む。

2.右脚の膝裏がほぐれるように両手を使って挟む。

両手を使って挟む

※両手の位置を下にずらして挟むととより負荷がかかります。

痛気持ちいい部分を重点的にほぐしてください。

正座をして膝裏で挟むすマッサージ

やり方

1.正座をして右脚の膝裏でテニスボールを挟む。

テニスボールを挟む

※膝裏でテニスボールをしっかりと挟む。

※ふくらはぎをマッサージする時はテニスボールの位置を下にずらして挟む。

2.右脚の膝裏がほぐれるように右脚に体重をかける。

右脚に体重をか

※痛い方は体重をかける強さを調整しながら行う。

※カラダを左右に動かすと体重のかかり方が変わりより効果が期待できる。

痛気持ちいい部分を重点的にほぐしてください。

以上で終わりです。

ほぐす時間(秒数やセット数)は、ほぐしすぎない程度にご自身の膝裏とふくらはぎの状態やその日の体調などに合わせて調整してください。

また、ストレッチポールをお持ちの方は下記の記事で「ストレッチポールを使ってふくらはぎをきれいに整えるエクササイズ」を紹介していますので、ぜひご覧ください。

ストレッチポールのことをご存じない方は、下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リンパの流れを良くすることはとても重要なことです。これによって免疫力の低下につながり様々な病気をひきおこす原因となってしまいます。

ですので、脚が疲れたと感じたら、この記事で紹介した「テニスボールを使って膝裏とふくらはぎをマッサージする方法」を行ってみてください。

この記事が役に立ったらシェア!